S w a m p y D o g - my laidback life

one of my favorites #2


d0349265_11264608.jpg


雨上がり

Paris

1998.12 撮影


シャビーカラー写真の2枚目です。

19年前のことなので
どこの通りかも記憶がありませんが
道路脇の車がどれも角張っているのが時代を物語っています。


↓↓↓ ちょいとモノクロにしてみた








d0349265_11265411.jpg



1998年12月といえば
勤めていた会社を年明けの3月には辞めようと決意した時期。
後々この街との縁が更に深まることになるとは知る由もなく、
パリもこれで最後かなぁ... なんて思いながら歩いていました。


[PR]
by swampydog | 2017-08-15 13:00 | Others | Comments(6)
Commented by naozoom at 2017-08-15 22:18
作品の向こう側へと入り込んでしまいます。
1998年12月、その頃はミャンマー(ビルマ)にいました。
Commented by swampydog at 2017-08-15 23:11
naozoomさん
ありがとうございます!
僕も引っ張り出してきた写真をきっかけにあの頃にタイムスリップしています。

naozoomさんはビルマにおられたんですね。
僕は海外での生活経験はありませんが、パリは仕事上でいちばん多くの足跡を残した場所...
苦楽ありましたが今となってはいい思い出です。
Commented by 117nature at 2017-08-16 09:14
おはようございます。

多分20年以上前になると思いますが
初めてパリに行った時綺麗に並んだ
縦列駐車にビックリしたのを覚えています。
私の苦手な縦列駐車なので、、、

今回どちらもそれぞれ良いですね。。。
Commented by swampydog at 2017-08-16 11:05
117natureさん
ありがとうございます!!

僕もパリに行き始めた当初はびっしりと詰まった縦列駐車を見てどうやって入れたり出したりするのか不思議でしたが、バンパーで前後の車を押して割り込んだり、離脱したりしているのを見てなるほど!と。
バンパーはそのためにあるんだろ?と言わんばかりの強引さに当時は驚いたものです。
ま、インターネットが普及して今やそんな動画がいっぱいありますけども(笑)
稀にですが、軽い車だったら二人ぐらいのおっさんが人の車を勝手に担いでずらしたりしていましたしね。
さすがに高級車には手荒なことはしないようですが、ボロくて汚い車が多いですからね(笑)

ボロくて汚いといえば、バックミラーが吹っ飛んでいたり、ガラスにひびが入っていたりしてもそのまま乗っていますし、盗難に遭わないように洗車しないとかいう人もいました。
カーステレオもはめ込み式になっていて、乗る時にダッシュボードに差し込んで使用し、降りる時には引っこ抜いてぶらぶらと家に持って帰るようになってたんですよ - 今はどうか知りませんがあの頃は...
パリに限りませんが日本では考えられないようなことがいっぱいあって笑えましたけどね。

思い出したら長文になってしまいました!(苦笑)
Commented by 117nature at 2017-08-16 17:40
車のバンパーはそのためにあると私も聞きました。
日本で同じことしたら怒られてしまいますね。

パリと言えば人も街もオシャレで
どんなに素晴らしい所か楽しみでしたが
昼間の街は汚いし若い娘はタバコを吸いながら歩いているしイメージとはかなり違いました。
でも何度も行きたくなるオシャレな街です。
正直その後一回行っただけなのでお仕事とは言え何度も行かれたなんて羨ましいです。。。
Commented by swampydog at 2017-08-16 20:16
117natureさん

表のイメージとは裏腹に、仕事になると面倒なことも多々ありました。理屈っぽい人がかなり多くて(苦笑)

それにメトロなどストライキや軽犯罪も多いし、街中のトイレ事情もあまり良くないし 。。
でもあの街が醸し出す雰囲気には結局逆らえないんですよね。